日蓮宗 ビハーラ・ネットワーク
 
HOME > TOP > お知らせ > 関連記事 > 日蓮宗新聞より
(日蓮宗新聞 平成26年9月20日号) 記事 ←前次→

NVNトップメニュー
NVNについて
ビハーラ活動とは
NVNニュース
ビハーラ活動講習会
ビハーラグッズ
心といのちの講座
お知らせ
 関連記事
  日蓮宗新聞より
 レポート

会員限定
生老病死と向き合う あなたのそばに
日蓮宗新聞 平成26年9月20日号
人生の後始末
今田忠彰

亡くなった後のことを考えていますか?

 今年のお盆の棚経に伺った時のことです。
 80代独身の女性Aさんから、神妙な面持ちで相談されました。
 Aさんは、勤勉な両親のもとで育ち、仲の良い親子で評判でした。年頃になると、おみ合いの話がいくつも来たのですが、「私かお嫁に行ったら、両親は誰が見るの」と、すべて断ってしまいました。月日が経過し、段々と両親が高齢化すると、両親の介護が始まりました。
 献身的に介護をし、両親を最後まで看取りました。
 晩年、自身も癌を患い、手術を経験し、長い闘病生活の末、加齢とともに体力に自信がなくなってきました。
 そこで相談です。「ご住職さま、私はこの家を売って、施設に入ろうと思っているのです。そこで、お墓をどうしようかと悩んでいるのです」と。
 自分の人生の後始末。こんな相談が多くなっています。
 結婚しなかった人、結婚しても子どもがいない人。自分の後を託すことができるのは、幸せなことです。でも、子どもがいても、後を託すことができるとは限りません。自分の人生は自分で整理して行くんだと考えれば、少しは気持ちが楽になります。
 色々と試行錯誤した結果、両親のお骨はお寺の無縁墓に入れることにしました。もちろん、Aさんも両親と同じ所に入ることになります。
 次に、お仏壇はどうするか。お仏壇は仏具屋さんに引き取ってもらって、お位牌だけはお寺の位牌棚に預かることになりました。
 お墓の整理とお仏壇の整理はAさんが自分でするとして、Aさん自身の葬儀や遺留品の整理などは、自分ではできないので、甥や姪に頼むことにしました。
 お金で迷惑をかけることはないから、というAさんの言葉を信じて、甥や姪が承諾しました。
 私も菩提寺の住職として間に入りました。かく言う私も、いつこの世を去ることになるかも知れません。ならばと、最近は、この類の話は、若い副住職を頼りにする方が増えてきました。
 人生の後始末。血の繋がった身内に後を託すのではなく、契約で他人・業者に後を託すケースが増えてきています。
 古い言い方かもしれませんが、日本人の感性として、桜の花のように、散り際は美しくありたい、と願うのでしょう。
 幸い、私には後を託す弟子がいますが、日本人の美意識をもって、自身の散り際を美しくするべく、人生の後始末の準備を始めるとしましょう。
 (日蓮宗ビハーラ・ネットワーク代表)
あなたのそばにロゴ
この頁の先頭へ▲